スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


根室花咲港、津波が岸壁越す(読売新聞)

 チリ地震による津波は、28日午後4時前、北海道根室市花咲港に押し寄せた。

 同港の潮位は、通常より1メートル程度上がり、港周辺の建物、岸壁に駐車した車などが海水で冠水する現象が見られた。

ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
<桜開花日>数日早まる予想 日本気象協会など3機関(毎日新聞)
<大津波警報>太平洋沿岸に高さ1〜3m 気象庁が発令方針(毎日新聞)
官僚対象に「政策グランプリ」=提案募り11年度予算に採用−行政刷新相(時事通信)
来年度継続の先進医療、施設基準を見直しへ(医療介護CBニュース)

ご当地検定 生き残り難題 240余が乱立 受検者軒並みダウン (産経新聞)

 平成17年ごろから始まった“ご当地検定ブーム”が、受検者数低迷に直面している。大阪府池田市の「池田学検定」は受検者数が3分の1になり、7日の第3回で幕を閉じることに。各地で乱立ぎみの検定は総じて受検者数が減少し、「定番でのブームは去った」との指摘もあり、生き残りへ新たな知恵が求められる。

 池田学検定は平成20年3月に第1回を実施。検定に先立ち、市は地元の歴史や文化への意識を高めてもらおうと連続10回の講座を開講。70人が受講し、105人が受検した。しかし、第2回検定の受検者は47人と半減し、3回目の申し込みも28人にとどまった。市立歴史民俗資料館の田中晋作館長は「生涯学習の一環で、当初から検定ありきではない」とし、「受検者はよく学習していた。問題作成も大変だった」と話す。

 抜群のブランド価値でブームの火付け役となった京都検定も、受検者数の減少に見舞われている。第2回(17年)の1万2662人をピークに、昨年12月の第6回は1〜3級合わせて5060人だった。大阪・茨木商工会議所の「いばらき何でも知っとこ検定」は17年、初回の受検者がわずか20人で、翌年から開催を見送っている。

 存廃の岐路に立っているのが、三重県四日市市の「ふるさと四日市検定」。3月27日に実施される第4回の申し込みは2月下旬になってもゼロ。5回目を行うかどうか近々決めるという。

 そうしたなか、検定にユニークな付加価値を取り入れたのが、宝塚歌劇団が監修する「宝塚歌劇検定」。3月28日に大阪と東京で始まり、申込者数は計約3400人の盛況ぶりだ。2回目以降に実施する1級に合格すると、SS席の観劇チケットがもらえる特典がある。同検定委員会は「宝塚歌劇の歴史、文化の掘り起こしに加え、ファン層の拡大を図りたい」と意欲をみせる。

 地域検定振興協議会(東京)によると、ご当地検定は全国で240あまり。協議会事務局は「検定の基本に立ち返り、どのような人材を選ぶのか議論がもっと必要」と指摘している。

週1回、記者会見を開放=事前登録で参加認める−行政刷新相(時事通信)
<紫外光LED>実用化レベルに 殺菌力高く家庭で応用も(毎日新聞)
児童ポルノ流出 開業医逮捕(産経新聞)
タミフルを無許可販売=輸入代行業者を再逮捕−大阪府警(時事通信)
<岡田外相>ボスワース米特別代表と会談(毎日新聞)

小林秀雄の未発表音源みつかる 『本居宣長』への執筆意欲語る(産経新聞)

 近代批評を確立した文芸評論家、小林秀雄(1902〜1983年)が、晩年の大作『本居宣長』を書き始めた直後、その構想について語った講演の未発表の音源が25日までに発見された。『本居宣長』の連載開始の年に、江戸の国学者、本居宣長の学問への姿勢を「豪傑」だったと語り、「その姿を書きたい」との強い意志を吐露している。11年にわたった晩年のライフワークの構想がうかがえる貴重な史料だ。

 音源は昭和40年11月27日、国学院大学大講堂(東京・渋谷)で行われた公開学術講演会を収録したもので、同大の資料館に保管されていた。昭和20年代から温めていた『本居宣長』の連載を文芸誌『新潮』40年5月号から始めたばかりで、本居の学問に対する姿勢を学生に語っている。

 講演の冒頭で、小林は静岡・伊豆で同宿した画家、梅原龍三郎が半年をかけて富士山を描いたとき、季節の変化に合わせて山頂の雪が解け、稲穂が育つなど絵も変化したことを引用。小林の連載も、「書きあがるまで分からない」と語りながらも、本居という人間を書きたいと意欲をみせた。

 本居は『古事記』などの実証的研究で知られるが、4畳半の部屋で35年をかけて『古事記伝』を書いた人間、宣長の豪傑ぶりを書きたいとも述べている。

 小林は、当時の学者にとって読書とは『論語』『万葉集』『源氏物語』など古典を熟読するもので、繰り返し読み、合点し、違いを知るという本への向き合い方は恋愛に似ていると指摘。こうして古典と交わり、考え、自分しか言えないことを見つけようと苦しむことが学問で、当時の「思って得る」姿勢は、現代の「事実を学んで知る」という客観的態度と大きく隔たると語った。

 当時と現代との隔たりを埋めるには想像力が必要であり、想像力を働かしてどういう人間であっただろうか見るのが歴史だという『本居宣長』全編に貫かれた姿勢が、講演ですでにみてとれる。

 中江藤樹や伊藤仁斎、荻生徂徠(おぎゆうそらい)ら儒学者のほか、国学の祖といわれる契沖(けいちゆう)が自殺しようとした話などにも触れており、連載開始時、本居に関するほぼすべての文献を読み込んでいた様子が分かる。宣長が和歌の学問に目を見開いたきっかけにもふれている。

 資料館から音源を探し出した同大の石川則夫教授は「録音したリールを見つけたとき再生する機械をさがすのに苦労した。音源をテープにダビングし、速度を落とす方法で再生し、教え諭す口調が聞こえてきたときは感動した。学問に対する考え方を学んだ」と語る。

 講演は、同大学術誌『国学院雑誌』最新号で背景を特集中。音源は4月9日発売の『小林秀雄講演』CD(新潮社)で発表される。

【関連記事】
「郷土の偉人」商標登録めぐり食い違い
正岡子規の未発表句発見 自筆の選句集に収録
太宰の旧制高校時代の写真発見 あどけなさ残る柔和な表情
宮沢賢治の“新作” 生家の蔵から未発表詩の草稿発見
気分はもう時代劇、志士や新選組も見た「八坂ノ塔」

整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)
紀勢線の運転取りやめ=JR西日本(時事通信)
賃金体系維持に厳しい姿勢=電機大手の春闘で経営側(時事通信)
<ゴールドディスク大賞>洋楽はビートルズ 邦楽は「嵐」(毎日新聞)
小沢氏らの国会招致要求=応じなければ審議拒否−自民(時事通信)

前副知事らを起訴=町村会汚職で福岡地検(時事通信)

 福岡県町村会による贈収賄事件で、福岡地検は23日、収賄罪で前副知事中島孝之容疑者(68)を、贈賄罪で同会長山本文男(84)、前事務局長笹渕正三(80)両容疑者を起訴した。捜査関係者によると、いずれも起訴内容を認めているという。
 起訴状によると、中島容疑者は2007年8月7日、県庁の副知事室で、県後期高齢者医療広域連合の議員定数や市町村分担金の決定について、町村会側に便宜を図る見返りに、山本、笹渕両容疑者から現金100万円を受け取ったとされる。 

【関連ニュース】
前副知事、接待認める=同席の県幹部ら聴取
町村会視察「記録ない」=前福岡県副知事の北海道旅行
中島容疑者、副知事就任時にも現金=町村会長側から祝い金
有識者会議委員免職も検討=全国町村会長逮捕で
前町村会事務局長も逮捕=贈賄容疑、否認

<JR東海>架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分(毎日新聞)
「調書訂正、聞き入れられず」=元係長、検事の作文と改めて主張−郵便料金不正(時事通信)
「政治とカネ響いた」 長崎知事選大敗で閣僚ら(産経新聞)
<雑記帳>雪合戦の国際大会、壮瞥町で開幕…北海道(毎日新聞)
無料屋形船の運航中止=マラソン応援、津波警戒で−東京(時事通信)

<自民党>中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で(毎日新聞)

 自民党の中川秀直元幹事長は24日、郵政民営化の見直しに反対する勉強会を国会内で開いた。竹中平蔵元総務相が講師として参加し、菅義偉元総務相や塩崎恭久元官房長官、落選した前議員ら約30人が出席した。中川氏は「日本経済を発展させ、将来の国民負担を回避するという改革の本質が危機にさらされている。民から官に戻す官製企業の肥大化を許してはいけない」と述べ、政府が今国会に提出予定の郵政改革法案の成立阻止を目指す考えを示した。舛添要一前厚生労働相との連携も視野に入れる。

【関連ニュース】
選択的夫婦別姓:法務省が改正案概要 法相「覚悟決める」
自民党:舛添、菅、塩崎氏ら勉強会発足 政界再編含み?
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」
国民新・下地氏:亀井金融相の予算案発言を暴露
亀井担当相:郵政非正規職員、希望者は原則正社員に

江戸川の小1死亡 虐待、2年以上前から 背中に複数の焼き印(産経新聞)
大阪の女性殺人で逮捕の男「酔わせて殴った」(産経新聞)
元係長、「局長関与」供述、「勾留長期化怖かった」から(産経新聞)
全日本学生児童発明くふう展 表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
新年度から国旗常時掲揚の大阪市立学校園、30校でポールなし(産経新聞)

関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求−東京地裁(時事通信)

 水俣湾周辺地域から関東周辺に移り住んだ水俣病未認定患者23人が23日、国と熊本県、原因企業チッソ(東京)を相手に、1人当たり850万円の損害賠償を求める集団訴訟を、東京地裁に起こした。
 訴状によると、提訴したのは熊本、鹿児島両県出身の30〜70代の男女。同湾周辺の水俣病患者発生地域で生まれ育ち、いずれも手足のしびれなど水俣病特有の症状を訴えている。
 原告団は今後、同地域出身の転居者への健康診断を行い、新たな被害者が判明すれば、追加提訴する方針。
 水俣病未認定患者をめぐる訴訟では熊本地裁で和解協議が進んでいる。原告側弁護士によると、熊本での和解が成立すれば、関東訴訟でも和解協議に応じる考えという。
 原告は東京、神奈川、千葉、埼玉、静岡の1都4県在住。 

【関連ニュース】
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告、被告双方が上申書

<原口総務相>郵政親会社の株、政府分以外は公開(毎日新聞)
殺人罪は不起訴=親子2人死亡、放火は起訴−沖縄(時事通信)
もうすぐ見納め ボンネット型急行「能登」の雄姿(産経新聞)
普天間移設、官房長官が県内移設を示唆(産経新聞)
コウノトリ産卵、5年連続で確認(産経新聞)

高校教諭が酒気帯び運転、工事の2人重軽傷(読売新聞)

 20日午前2時5分頃、和歌山市上野の県道で、同市弘西、和歌山県立和歌山西高校教諭、大浦真一容疑者(28)運転の乗用車が、舗装工事中のローラー車に衝突、はずみで近くにいた男性作業員(20)をはねた。

 男性は左手首骨折の重傷、ローラー車を運転していた別の男性作業員(40)も両足打撲の軽傷。

 駆けつけた和歌山東署員が大浦容疑者の飲酒検知をしたところ、呼気1リットル中0・15ミリ・グラム以上のアルコール分を検出、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、大浦容疑者は同市内で友人と飲酒し、帰宅する途中だったという。

<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)
山下が勝ち1勝3敗=囲碁棋聖戦(時事通信)
<ひき逃げ>道路に引きずられた跡 大阪で男性死亡(毎日新聞)
<「リニモ」>停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車(毎日新聞)
リニア計画、交通政策審に諮問=国交相(時事通信)

【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(1)(産経新聞)

 □「ブランジュリ タケウチ」 竹内久典さん

 ■おいしさ求めて北から南から 全国初?ドアマンのいるパン屋さん。

 ベビーカーを押すお母さん、サンダル履きのおじいちゃん、本町界隈(かいわい)のOLにちょっと渋いスーツの紳士−大阪市西区の靱公園の南に、老若男女が吸い込まれていくスポットがある。大阪で、いや関西で、いま一番人気のパン屋さん「ブランジュリ タケウチ」。15坪ほどの小さなお店には、早朝から夕方まで、お客さんの姿がとぎれることはない。ダイエットもメタボも、すべて忘れて、ええい、とパクついてしまうタケウチのパンの魅力にじっくりと迫ってみた。(聞き手 岸本佳子)

 −−大阪にとても人気のパン屋さんがある、と聞いてこちらのお店を訪ねたのはもう何年も前ですが、最初のころは、お客さんがいっぱいで中に入れなかったり、売り切れてシャッターが閉まっていたり。何度も振られて、悔しくて、早朝に来るようになってやっと食べられました。お客さんは8時の開店前から並んでいるんですか

 竹内 土曜日は開店の10分前ぐらいから並んでおられますね。ここは靱公園の前にあるので、公園のところで待機していて、だれか一人が並ぶとあわてて並んで行列になります。

 −−遠方のお客さんですか

 竹内 遠方ですね。昔、電話でパンの予約をとっていたことがあるのですが、電話番号を聞いて、「ええっ、北海道ですか」と驚いたことがありました。北海道から九州まで、遠いところからきていただいています。

 −−どうりで、簡単には食べられないはず(笑)。売り切れたら閉店ですか

 竹内 最終焼き上がりが4時すぎなので、それを待っていただいて、4時半ごろには売り切れることもあります。24時間パンを作っているのですが、間に合わないのです。本当に申し訳ないのですが。

 −−お店の入り口に、いつも警備員さんがいらっしゃいますよね。ドアマンのいるパン屋さんなんて、全国でも珍しいだろうな、といつも思っているのですが。

 竹内 そうですね(笑)。オープンして2年ぐらいたつと、お客さんがどんどん増えて、自転車などが迷惑にならないよう、整理してもらったり、あとは小さい子供が危ないと感じることもあって、それで、警備の人にきてもらって、人数制限するようになりました。

 −−人数制限といっても、高級ブティックの警備員さんとはずいぶん雰囲気が違って、お客さんと楽しそうにおしゃべりしていらっしゃいますよね

 竹内 買い物の間、お子さんを抱っこして待っていたり、犬も預かっています。

 −−犬? ああ、確かに中には入れませんものね(笑)。警備員さんは、もう長くお勤めなんですか

 竹内 6年ぐらいかな? だからお客さんのことなら、ぼくの知らないことでも、なんでも知っています(笑)。うちは接客が一番大切、と常々思っています。店内はオープンキッチンでお客さんと距離が近いので、よく声をかけてもらうのですが、そのときは作業の手を止めても相手をしてほしい、と常々スタッフにも話しています。今はスタッフ一人一人にお客さんがついてきたんです。

 −−美容院みたいですね

 竹内 はい、もうそれがうれしくて。バレンタインのときもそれぞれが、チョコレートをいただきました。

 −−パン屋さんにチョコレート…なんだかますます珍しい。ところで今年はどなたが一番でしたか?

 竹内 それが、だんとつの一番は警備員さんなんですよ(笑)。

【プロフィル】竹内久典

 たけうち・ひさのり 大阪府出身。定時制高校に通いながら堺市内のケーキ店で修業をスタート。パン職人になろうと製パン専門学校を経て、関西のパン屋、レストランなどで働く。平成12年、「ブランジュリ タケウチ」をオープン、3年後に現在の場所へ移転。著書に「ブランジュリ タケウチ どこにもないパンの考え方」「ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ」(いずれも柴田書店)。

【関連記事】
シーザーサラダ 映画スターも愛した伝説の一品
雰囲気に買わされる 「もちもち」になびく消費者
持ち込み減、価格下落 質屋「冬の次代」
有料お試し 値段以上の贅沢感が魅力
ロハス人気 自然体で広がる自給率向上

シュワブ陸上案で首相「米側に打診してない」 平野長官は沖縄再訪問(産経新聞)
「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)
厚労省元局長公判、検察苦戦=「虚構」「冤罪」証言相次ぐ−郵便不正・大阪地裁(時事通信)
千葉大生殺害、竪山被告を強殺容疑などで再逮捕(読売新聞)
民主公約は破綻=菅氏の消費増税論議発言に−自民総裁(時事通信)

予算委員長の解任決議案を否決へ(産経新聞)

 衆院は18日午後の本会議で、自民党が提出した鹿野道彦予算委員長(民主党)の解任決議案を民主党など与党の反対多数で否決する。これを受け、衆院予算委員会は自民党も出席して平成22年度予算案の一般質疑を再開する見通しだ。

 予算案は19日の地方公聴会、24日の中央公聴会を経て、3月1日にも衆院を通過する見通し。その場合、予算案は憲法の規定により参院送付後30日で自然成立するため、年度内成立が決まる。ただ、自民党は予算案採決の前提として小沢一郎民主党幹事長の国会招致を要求しており、国会運営をめぐる与野党の攻防が続きそうだ。

 解任決議案は、17日の予算委で中央公聴会の日程が決まったことに自民党が反発し、提出していた。

【関連記事】
民主、予算案の月内通過断念 野党反発
22年度予算案審議入り、4日に先送り 自民が「個所付け内示」に反発
前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬
旧自由党解党時の資金移動質問で衆院予算委審議が一時紛糾
民主党が委員長内定

生活保護費が最高 大阪市予算案、緊縮型に(産経新聞)
自民県議が出馬表明=参院福井、保守分裂へ(時事通信)
「銅」高橋の母「私にとっては金メダル以上」(読売新聞)
五輪フィギュア 明智光秀らの子孫も織田選手にエール(毎日新聞)
<普天間移設>シュワブ陸上案に防衛相意欲 福島氏ら反対(毎日新聞)

<上方落語まつり>大阪を笑いで活性化 4月末に16公演(毎日新聞)

 吉本興業、松竹芸能、米朝事務所がプロダクションの垣根を越えて「第1回上方落語まつりinミナミ」を開催することになり、それぞれの事務所を代表して笑福亭仁鶴、桂福団治、桂ざこばの3人が17日、大阪市中央区の府立上方演芸資料館(ワッハ上方)内で会見した。

 「落語まつり」は、上方落語を全国に発信し、長引く不況の中、ちょっと元気がないと言われる大阪を落語の笑いで活性化しようと、落語家を抱える3社が協力して企画。4月28〜30日の3日間で、なんばグランド花月や大阪松竹座、トリイホールなど7会場で16公演ある。

 ワッハ上方での特別展や商店街などでもさまざまなイベントがあり、人間国宝で文化勲章受章の桂米朝をはじめ、桂春団治、桂三枝ら上方落語家100人以上が登場するという。

 会見では、1960年入門の福団治が「入った時は上方落語家は18人。先達者への恩返しのつもりで一生懸命頑張りたい」と言えば、仁鶴も「落語家が世の中の役に立てるという時代になったことが感無量でございます」。

 ざこばは昨今の落語ブームを挙げ「あまり派手になると落ちるんちゃうかなあと思うのに、落ちへんねえ、不思議に。ここミナミで一発花火バーンと上げるのは……もうちょいあるよというわけかな」と早くも祭り気分を盛り上げていた。

 20日から一般発売開始。チケットよしもと(0570・041・489)のほか、チケットぴあ、ローソンチケットでも。オフィシャルサイト(http://www.kamigatarakugo−fes.jp)。【濱田元子】

【関連ニュース】
桂米朝さん:風邪で入院
落語:桂米朝さんの孫が高1で初舞台
恋そうめん:運命の糸にたどり着くハート形 バレンタインの贈り物にも /奈良
メイドインアマガサキコンペ:新三和商店街と酒店「庄本商店」がグランプリ /兵庫
桂米朝写真・絵画展:功績や魅力に迫る−−姫路文学館 /兵庫

まちを彩る和傘と竹の明かり=熊本〔地域〕(時事通信)
「体が勝手に動いた」=背後に警笛、迫る電車−線路転落女性救助の男性(時事通信)
<児童ポルノ>被害最多 虐待も過去最悪に 09年統計(毎日新聞)
五輪スピード 長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
放火罪 男性に無罪 大阪地裁判決(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
selected entries
archives
recent comment
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    AtoZ (08/26)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    りつこ (07/15)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    黒きとう (07/01)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    まさ☆ぴ (06/25)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    栗花畑 (04/20)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    リンデル (01/15)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    カドルト (01/09)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/27)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    ポリエモン (12/23)
  • <障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM